食べる順番を変えてみよう、「太らない食べ方」のポイントはインスリンコントロール

食べる順番を変えてみよう、「太らない食べ方」のポイントはインスリンコントロール

ダイエットの目的とは何でしょう、ひとことで言えば「肥満の解消」です。

 

 

そして肥満とは、体が必要以上の体脂肪を溜め込んだ状態を言います。この脂肪のもととなるものが「糖質」ということはよく知られています。摂取された糖質がなぜ脂肪に姿を変えるのか、その過程をお話すれば長くなってしまうのでここでは省きます。ただ糖質は「インスリン」という貯蔵を促すホルモンの働きによ脂肪に変えられる、といった点は押さえておきましょう。そのため肥満解消にはこのインスリンの分泌をコントロールすることがポイントとなるわけです。

 

ただしインスリンはとても大切な働きをするものであり、分泌されなければ血管や内臓機能に支障が生じます、問題なのはあくまでもその「過剰分泌」にあるのです。食事から摂られた糖質は小腸を経て血液中に入ってきます、糖質を急激に摂れば血液中の糖分の濃度(血糖値)も一気に上昇します、そしてインスリンの分泌もその上昇に応じて分泌されます。したがってこの糖質の吸収を緩やかにすることが、コツとなるわけです。

 

そこで手っ取り早い方法が「食べる順番を変えてみること」、言い方を変えれば「太らない食べ方」を取り入れてみることです。例えばハンバーグ定食を食べるのであれば、いきなりごはんから食べるのはもちろんNG。まずスープやサラダを食べることにより消化管に壁を作るイメージですね、それからご飯を口にするのです。この順番で一口ずつ食べすすめるだけでOK、すべてを食べ切りながらすすめる必要はありません。

 

食物繊維からスタートしてタンパク質または脂質、そして糖質の順番が基本です。こういったことを意識して習慣づけるだけでも血糖値の上昇は緩やかになり、必要以上の脂肪の合成を抑える効果も期待できるわけです。しかし、だからといってたくさんの糖質を、安心して食べることが出来るわけではありません。いくら順番を変えても糖質の大量摂取はインスリン過剰分泌を引き起こします、せめて食後のデザートは、おやつの時間までガマンしたいものです。

 

またダイエットにおいてはカロリー摂取量を機にされる方がい多いのですが、GI値にも注目してみましょう。GI値とは食品や食材に含まれる糖質の割合を数値で表したもの。したがってこの値が高い食べ物ほど食後の血糖値の上昇度合も高く、インスリンの分泌もさかんになります。例えば白米のGI値は84に対し玄米は56、玄米を混ぜて炊くだけでも肥満解消には効果的です。食材の見直しを図り、料理にひと手間加えることもヒントともなるわけです。